★医学部でも偏差値が高い大学を目指す受験生におすすめの予備校選びはこれだ!!★

医学部入試は年々難化傾向にあり、2浪、3浪が普通となっています。特に、学費の安い国公立大学医学部は偏差値が非常に高く、優秀な受験生と戦う必要があるため高度な学力と精神力が要求されます。したがって、今回は国公立大学医学部や私立御三家などの偏差値の高い医学部を目指す受験生へおすすめの予備校の選び方を紹介していきたいと思います。予備校には、大きく分けて大手進学予備校の医学部進学コースと、医学部予備校の2種類があります。どちらも質の高い授業と豊富な情報力を有しているので、1年で医学部合格を実現することは可能です。ただし、それぞれが個性豊かな指導を行っているので、相性の問題が生じていきます。無料体験授業や説明会などに積極的に参加して自分との相性を見極めていきましょう。まず、医学部の中でも偏差値の高い大学への合格実績が強い大手進学予備校は、全国から優秀な受験生が集まってきます。したがって、高い競争のなかモチベーションを維持しながら学習できるので、負けず嫌いの性格の人には向いています。また、大手予備校は柔軟な学習環境を提供しているので、必要なときだけサポートを受けながら、マイペースにどんどん勉強していきたい人にはおすすめです。いっぽう、医学部予備校は、御三家をはじめとする偏差値上位の私立大学への合格実績が高いのが特徴です。少人数クラスを採用しているので、講師との距離が近く、いつでも気軽に相談や質問が可能です。また、徹底した学習管理を行っており、朝から夜までの校内強制学習はもちろん、定期的な面談でしっかりフォローしてくれるので、自己管理が苦手な受験生でも圧倒的な学習量を確保することができます。以上のようにそれぞれの予備校によって学習環境が異なってくるので、自分に最適な予備校を選びが、医学部合格の可能性を高めてくれます。

医学部 偏差値はコチラ

医学部予備校比較ランキング※予備校選びの決定版